丸和朽網店から徒歩4分!脳梗塞 脳出血 脳卒中のリハビリなら片麻痺専門リハビリルームへお任せ下さい!

施術方針


特に、手指の施術


手指が全く動かない方には、電気刺激(EMS)を利用した手指の施術


最新のリハビリ技術(徒手的理学療法)に整体カイロ手技を組合せます。

hpsozai 204hp.jpg徒手的理学療法(Manual Physical Therapy)とは、...

痛みの原因と考えられる組織(筋肉、神経、関節、血管)などを総合的に評価・診断した上で、最も適する治療手技を選ぶ方法です。


神経の病気、整形外科の病気、慢性の痛み等の症状に対して、その原因を総合的な評価と治療を用いて行う治療手技といえます。 


ちょっと難しいですが、要はしっかりと評価をし、原因にあった治療法を選択していきます。


整体やカイロ手技に関しては、よく厳選し穏やかな手技のみ取り入れて行います。


★ 上記に載せているのは私が基本にしている治療手技本です。
科学的根拠を基本に埼玉県立大学保健医療福祉学部 理学療法学科教授 藤縄理先生が執筆されました。

椎間板・関節系・神経系・筋肉系を総合的(系統別)に施術します。

hpsozai 205hp.jpg脳卒中(脳梗塞・脳出血)やパーキンソン病等の神経系の病気により神経・筋肉に障害が起きると、それ以外の神経や筋肉も硬くなり働きが落ちてきます。

そのまま放置していますと関節までかたくなり、次第に麻痺やシビレ・痛みが慢性的になります。

神経による障害は、神経だけでなく、神経を始めとして筋肉・関節など複数の組織が関係してきます。

当ルームでは、それぞれの組織に対して総合的に手技療法を行い、神経を始めとして体の深部から改善を試みます。


★ 上記の本は元理学療法士協会会長で、現神戸学院大学総合リハビリテーション学部理学療法学科 奈良勲先生が編集され、さまざまな最先端の治療手技が各大学(首都大学や国際医療福祉大学・名古屋大学等)の専門の先生によって紹介されています。こちらの本も同様に科学的根拠が基礎となっています。

解剖学・運動生理学を基本とした手技なので、安心安全です。

手技療法は、体の表面から観察したり動かしたりして現在の状態を評価し施術しなければなりません。

それには内部の状態を正確に把握できるよう確かな解剖学・運動生理学の知識が必須となります。


人体のつくりや働きが分かっていれば、様々な症状を引き起こしている原因を的確に判断できます。


原因がはっきりすればそれにあった最適な手技を選ぶことができ、安心安全で確実な効果を得ることができます。


安心安全に即効性を両立させた手技です!

刺激は、反応を見ながら一人ひとりに応じた最適な刺激を選んで施術します。


"痛気持ちいい"レベルの刺激で施術します。

何故なら、気持ちいいだけの刺激のみでは症状がすぐに戻ってしまうからです。


但し、穏やかな動きを利用したモビライゼーションテクニック(神経や関節の柔軟性と働きを高める手技)や深部マッサージで施術します。

カイロプラクティックで使用されているアジャスト(ボキボキやバキッ等の行為)はありません。


痛みが強過ぎるときや不快なときは遠慮なくお申し出下さい。無理に我慢させることはありませんのでご安心ください。

片麻痺専門リハビリルーム ご案内

〒800-0233 福岡県北九州市小倉南区朽網西2丁目16-5

JR朽綱

片麻痺のリハビリなら片麻痺専門の当院へお任せ下さい!
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

093-471-2844

受付時間

9:00 ~ 20:00

【定休日】月曜日・水曜日

093-471-2844