丸和朽網店から徒歩4分!脳梗塞 脳出血 脳卒中のリハビリなら片麻痺専門リハビリルームへお任せ下さい!

良い姿勢を作る簡単で効果的な方法 パート①

良い姿勢とは?と考えたとき、ます皆さんが思いつくのは、脊柱のS字状ラインと思います。


横から見た脊柱の全体像です。


まずは、これが基本ですね。


このS字状を保つのにいろいろと方法論が出ています。


まず主流は、脊柱を支えるインナーマッスルを鍛えるという方法ですね。


この方法でまず疑問に思うことが、筋力が低下したから姿勢が悪くなり、肩こりや腰痛を発症していると結論付けている点です。


普通に運動し筋力を鍛えている方でも、姿勢が悪く肩こり腰痛の方はいます。


反対に、あまり運動をしていなくて筋力の弱そうな女性でも、姿勢がよく肩こり腰痛の無い方もいます。


脊柱を支える筋肉は、重力やせん断力に対して脊柱を保持しようと常に筋力を使っているので、普通に生活するだけで筋力訓練しているようなものです。


それだから、それほど筋力が落ちるとは考えられません。


自身で姿勢を改善させ肩こり腰痛を克服した経験や実際の臨床を通して考えても、姿勢を保持するのに筋力を鍛えることはあまり意味がないと考えます(全く関係ないとは言いませんが...)。


その他、立位での姿勢や足部からのアライメントを重視している方もいます。


これにも、疑問があります。


普段の生活習慣を考えた場合、仕事で立ちっぱなしの方は除いて、ほとんど方は座って過ごすか立っていても様々に動きながら生活されています。


このような方に、立位の姿勢を評価しても、これも関係ないとは言いませんがあまり意味が無いように感じます。


確かに、下肢からや足部から姿勢を崩している方もいます。


例えば、以前事故等で外傷経験があり、それが後遺症として残っていた場合です。


しかし、それは本人自身も、下肢や足部に違和感・張り・痛みなどもあり、足から姿勢が崩れていると気づいている場合が多いです。


けれど、どう対処すればいいのか解らなかっただけです。


これは、簡単な調整で改善します。


それでは、長々と引っ張ってきましたが、


簡単な方法とは、前回からの流れで大よそ見当がついていると思いますが、


基本的に、「脊柱全体を最終伸展域まで伸展させることです。」


普通の生活では、脊柱を曲げることはあっても、反らしたりすることはほとんどありません。


脊柱全体も伸展させることが負担軽減につながります。


それが普段の生活では出来なかっただけなのです。


良い姿勢を作りたければ、単に脊柱全体を伸展させ限界近くまで反らせばいいだけです。


これを、習慣化するだけで、腰椎や頸椎の前彎がしっかり出てきて、胸椎の後彎が減少します。


良い姿勢の出来上がりです。


これは自分自身も実践済なので、効果は確信しています。


次回は脊柱を前後より見た全体像です。

片麻痺専門リハビリルーム ご案内

〒800-0233 福岡県北九州市小倉南区朽網西2丁目16-5

JR朽綱

片麻痺のリハビリなら片麻痺専門の当院へお任せ下さい!
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

093-471-2844

受付時間

9:00 ~ 20:00

【定休日】月曜日・水曜日

093-471-2844