丸和朽網店から徒歩4分!脳梗塞 脳出血 脳卒中のリハビリなら片麻痺専門リハビリルームへお任せ下さい!

医療やリハビリに関する私の意見を紹介します!

先生はいつも、どのように考えて、診ているのかを教えていただければ嬉しいです! とコメント頂きました

そろそろ最終章 > 自分は、病院では、まずは、両下肢の可動域やアライメント、筋緊張を正常化していくことをやっていっていますが、先生はいつも、どのように考えて、診・・・ >> 続きを読む

肩こり・首こりを簡単に解説

基本的な発症機序は今まで話してきた慢性腰痛と同じです。 腰仙椎が、頸胸椎と肩甲骨に名称が変わっただけです。 基本は正しい頸椎前彎・胸椎後彎の確保です。 これが出・・・ >> 続きを読む

良い姿勢を作る簡単で効果的な方法 パート②

前後から脊柱を見た場合、これは基本的に真直ぐなラインがよい姿勢となります。 けれども、ほとんどの方が、どちらかに歪んでいます。 例えば、首は右、腰は左など 原因・・・ >> 続きを読む

良い姿勢を作る簡単で効果的な方法 パート①

良い姿勢とは?と考えたとき、ます皆さんが思いつくのは、脊柱のS字状ラインと思います。 横から見た脊柱の全体像です。 まずは、これが基本ですね。 このS字状を保つ・・・ >> 続きを読む

慢性腰痛を姿勢や動作で考える。

慢性腰痛の方が、仕事や家事等同じ動作を繰り返すことによって発症している場合、原因について自分自身で何となく理解しています。 動作が原因の場合、本人が原因認識して・・・ >> 続きを読む

慢性腰痛をギックリ腰から考える。

慢性腰痛の方は、そのほとんどがギックリ腰を経験しています。何度も起こしているうちに慢性化するパターンです。 ギックリ腰の発生機序を考えれば慢性腰痛も理解しやすい・・・ >> 続きを読む

慢性腰痛を考える。 まずは基礎編  ここでも臨床医療の非常識

それでは、まず腰の基本的な理解から始めます。 腰は、5個の腰椎と仙骨で出来ています。 結論から言うと、この腰仙椎を安定させ負担を軽減させるには、筋力で固めるので・・・ >> 続きを読む

慢性痛にも消炎鎮痛剤を処方する愚かな医療!

慢性痛とは、3回目(片麻痺の肩痛への返信記事)でも書きましたように、筋肉を中心とした組織の血流障害いわゆる酸欠症状です。 筋肉は、負荷 【 持続的にかかる負荷で・・・ >> 続きを読む

慢性痛は医療機関が作っている。  消炎鎮痛剤は慢性痛製造薬!!

慢性痛について述べる前に、自分自身が経験をした長くて辛い慢性腰痛・肩こりについての経歴を書いてみます。 始めの腰痛は19歳頃でした。椅子に座って授業を受けていた・・・ >> 続きを読む

神経細胞を活性化するためには、栄養と睡眠 パート4 健全な生活習慣が脳の働きを高める。

では前回の続きで、睡眠から 睡眠は、細胞の老化防止にとって大変大切です。 睡眠中は成長ホルモンが分泌される貴重な時間です。 成長ホルモンは、子供ばかりでなく大人・・・ >> 続きを読む

神経細胞を活性化するためには、栄養と睡眠 パート3 健全な生活習慣が脳の働きを高める。(動画あり)

前回の続きです。 脂質・タンパク質に続き、今回は糖質! 糖質と言うと、最終的にブドウ糖へ分解され脳唯一のエネルギー源と言われていますが(違うという説もチラホラ・・・ >> 続きを読む

神経細胞を活性化するためには、栄養と睡眠 パート2 健全な生活習慣が脳の働きを高める。(動画あり)

2回目はタンパク質と糖質について 前回述べたように、脳の構成成分の内、60%は脂質です。 残りの40%はタンパク質ですね。 神経伝達物質であるセロトニンやドー・・・ >> 続きを読む

神経細胞を活性化するためには、栄養と睡眠。健全な生活習慣が脳の働きを高める。(動画あり)

脳の働きを高めるには、みなさんご承知のようにやはり栄養が大切です。 脳の構成成分の内、60%は脂質です。 脂肪は絶縁体の働きをします。絶縁体により髄鞘化(有髄・・・ >> 続きを読む

コメントにお答えします。 キーワードは、降圧剤は再発予防? (動画あり)

>降圧剤は確かに気分が下がりますが再発のリスク軽減と天秤にかけるとどうなんでしょう? 降圧剤が再発予防になるとのデータに関して自分は知りません。 臨床では、降・・・ >> 続きを読む

コメントにお答えします。 キーワードは、川平法・片麻痺の肩痛 (動画あり)

>初めまして。私は昨年10月に脳梗塞を発症して左手に障害が残っています。現在リハビリ中ですが、内容は川平法のみで、最近左肩の可動域が小さくなって左腕に痛みが走・・・ >> 続きを読む

片麻痺を悪化させる薬はさまざま  慢性疾患の薬は基本的に毒でしかない (動画あり)

片麻痺を悪化させる原因の一つは、降圧剤の服用であることを最初に述べましたが、他にも薬の影響は計り知れないものがあります。 片麻痺の原因は、脳梗塞(血管が詰まる・・・ >> 続きを読む

片麻痺を悪化させる要因  降圧剤によって半身不随に (動画あり)

片麻痺の回復を妨げる要因第一位、それは降圧剤の服用ですね。 自分はそう考えています。 長い臨床でよく感じていましたが、降圧剤をしっかり服用し血圧を管理している・・・ >> 続きを読む

片麻痺専門リハビリルーム ご案内

〒800-0233 福岡県北九州市小倉南区朽網西2丁目16-5

JR朽綱

片麻痺のリハビリなら片麻痺専門の当院へお任せ下さい!
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

093-471-2844

受付時間

9:00 ~ 20:00

【定休日】月曜日・水曜日

093-471-2844